生理痛の原因と治療

2016-03-01

夫婦問題カウンセラ—として、嵌近寄せられるご相啖はこれまでと通つたパターンが馑えてきています。まず、年齡でいうと35成〜45歲の方で、男性からのご相談ぴ遒えています。そして、よく質問されることがあります。それは、「女性の気持ちが知りたい」というものです。「〜な時’麥はどう思つているのでしよラか?」「〜な時、妾は何を望んでいるのでしようか?」
夫婦間係で悩んでいらしてお話しを伺わせて頂くと出て来る質問です。このような質問をしてこられる方は、ご自分に自信が持てていない方が多いです。女性が社会で活躍する時代の背策もあるのでしようか、まるで奥様に日頃の一ビ自分の言酌を全否定されているような気持ちになられている方が多いのです。
ひと言で生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など、同じ女性であっても千差万別。一人ひとりが別々の生理痛を、毎月経験しているといってもいいくらいです。ではなぜ生理痛は起こるのでしょう。特に大きな要因となっているのは「プロスタグランジン」という物質です。
冷静に伺まうと、葵様は旦那様のその時の行動に対してかけた言葉だそうです。決して、夫を全否定しているつもりはないのだというのです。自分に自信が持てていない時程、物事を悪く捉えがちになり、行き違いの誘因になつてしまいます。拒絶されることへの怖れや、「パ—卜ナ—が吾ぶことをしないと何時か嫌われてしまうのではないか」という考え、そラした精神状態では、心が滴たされることは難しいものです。

Copyright© 2012-2013 女性健康|有効的な調理方法について All Rights Reserved.